【完全無料】AIと無料ツールでプロ並み!『羅生門』朗読YouTube動画の作り方

【完全無料】AIと無料ツールでプロ並み!『羅生門』朗読YouTube動画の作り方

AIと無料ツールでYouTube動画に挑戦!


イントロダクション

「朗読動画を作ってみたいけど、高価な機材や編集ソフトは必要?」「初心者でも簡単に作れる方法はある?」

そんな悩みをお持ちのあなたへ。朗報です!

AIと無料のデザインツールを使えば、誰でも簡単にプロ顔負けの朗読YouTube動画が作れます。

今回は、芥川龍之介の名作『羅生門』を題材に、完全無料で高品質な朗読動画を制作する方法をステップバイステップで解説します。

この記事を読めば、あなたも今日から朗読YouTuberデビューできるかも!?

1. 必要なツールと準備

使用する無料ツール

  • 画像生成AI【Firefly】: プロンプト(呪文のような指示文)を入力するだけで、高品質なイラストやアート風の画像を生成できます。
    Adobeアカウント(無料)が必要です。
    • Fireflyを選んだ理由:無料とは思えないほど高品質な画像が生成できる上、プロンプトの調整や画像スタイルの変更など、自由度の高いカスタマイズが可能です。他の無料AIと比較しても、そのクオリティは群を抜いています。
  • WEBデザインアプリ【Adobe Express】: 直感的な操作で、動画の編集や背景の調整が簡単に行えます。豊富なテンプレートや素材も魅力です。
    • Adobe Expressを選んだ理由:無料で使えるにも関わらず、プロも納得の編集機能が満載です。初心者でも分かりやすいインターフェースで、複雑な操作は一切不要。まるで魔法のように、あなたの動画をプロレベルに仕上げてくれます。
  • チャットAI【Claud】: テキストの現代仮名遣いへの変換や不要なルビの削除など、文章の調整に役立ちます。
    • Claudを選んだ理由:ChatGPTやGeminiなど、他のAIと比較しても、より自然で正確な文章に変換できる点が優れています。『羅生門』のような古典作品を現代の視聴者に分かりやすく伝えるために、Claudは欠かせない存在です。
  • 動画生成ツール【Vrew】: テキストを入力するだけで、自動的に字幕付きの動画を生成できます。
    • Vrewを選んだ理由:無料版でも十分な機能を備えており、音声の調整や効果音の追加など、動画のクオリティを上げるための機能が充実しています。初心者でも簡単にプロのような動画が作れる、まさに夢のようなツールです。
2024年最新!アドビ無料メンバーシップの完全活用ガイド: デザイン初心者の強い味方!

アドビ無料メンバーシップの完全活用ガイド 今回はデザインを始めるなら是非登録しておきたい、アドビの無料メンバーシップについて、初心者でもわかりやすく解説します。…

準備する素材

  • 朗読素材: 『羅生門』の文章を青空文庫から引用します。著作権フリーなので、安心して利用できます。

2. 画像の生成と選択

①Fireflyを起動し、「読書しているハイティーンの女性」というプロンプトを入力します。

写真スタイルの画像が4つ生成されましたが、イラスト調にしたいのでスタイルを「アート」に変更ます。

さらに、「微光」「調色した画像」「超現実的」などのキーワードを追加して、より『羅生門』の世界観に合う画像を生成します。

生成された画像の中から、最もイメージに合うものを選択します。

Fireflyの拡張機能を使って画像を拡張生成しました。

Fireflyの拡張機能を使って画像を拡張生成しました。

3. 動画の編集 (Adobe Express)

Adobe Expressで先ほど生成した画像を読み込みます。

背景削除機能を使って、人物の背景を削除します。

書斎の画像や雨の動画を背景に配置します。透明化、ぼかしを入れて、人物が際立つように調整します。

タイトルとテロップを挿入します。

テロップは左上に配置し、文字の大きさや色を調整して、読みやすくします。

4. テキストの調整と朗読設定 (Claud & Vrew)

Claudを使って、『羅生門』の原文を現代仮名遣いに変換し、不要なルビを削除します。

Vrewで新規プロジェクトを作成し、Claudで調整したテキストをコピー&ペーストします。

Vrewの音声設定で、無料の音声を選びます。

音量、速度、ピッチを調整して、自然な朗読になるようにします。

必要であれば、エコーなどの効果音を追加します。

フリー素材の雨の効果音を追加します。

5. 動画の完成と公開 (Vrew)

  1. Vrewの出力設定で、YouTube(16:9)を選択します。
  2. イントネーションが不自然な箇所は、手動で修正します。
  3. キャプションを画面上部に表示するように設定し、文字揃えを調整します。
  4. 動画の再生時間を調整し、場面転換に雨の音や雷の効果音を追加します。
  5. 動画をダウンロードし、サムネイルを作成します。

6. まとめと次回予告

今回は、AIと無料ツールを駆使して、『羅生門』の朗読YouTube動画を作る方法をご紹介しました。

無料ツールでも、工夫次第でプロ顔負けの動画が作れることを実感していただけたのではないでしょうか?

ぜひ、この記事を参考に、あなただけのオリジナル朗読動画を作ってみてください。

ご感想やリクエストは、コメント欄でお待ちしています!

次回も、AIやデザインに関する役立つ情報を発信していきますので、お楽しみに!

サイドノート

  • 今回使用したツールは全て無料ですが、一部機能制限がある場合があります。
  • より高品質な動画を作りたい場合は、有料版のツールも検討してみてください。
  • 著作権には十分注意し、フリー素材や著作権フリーの音楽を使用するようにしましょう。

この記事があなたの朗読YouTube動画制作の一助となれば幸いです。

わかりやすいYouTube動画です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です