Adobe Express実践編「Lo-Fiミュージック用のYouTube動画」

Adobe Express YouTube動画を無料作成

無料でAdobe ExpressでLo-Fiミュージック動画を作成

Adobe Express で作る「Lo-Fiミュージック用のYouTube動画」

はじめに 近年、リラックスできる音楽として人気を集めているLo-Fiミュージック。YouTubeでは、Lo-Fiミュージックを聴きながら勉強や作業ができる動画が数多くアップロー…

前回の記事で完成したLo-Fiミュージック用のYouTube動画を、実際にどのようにAdobe Expressで作製したのか、実践編をお届けします。

Lo-Fiミュージック動画の魅力

  • 視聴者にリラックス効果を与える
  • 作業中のBGMとして活用できる
  • 制作コストが比較的低い

Adobe Expressの利点

  • 無料で利用できる
  • 直感的な操作で簡単に動画編集ができる
  • 豊富なテンプレートと素材が用意されている

必要なもの

  • Adobe Expressアカウント
  • パソコンまたはスマートフォン
  • Lo-Fiミュージック

1. 元になる画像

(1) AI画像生成サービス(Firefly)

Lo-Fiミュージック動画の雰囲気に合った画像を生成します。
Firefly以外にも、MidjourneyやDALL-Eなど様々なサービスがありますが今回は無料にこだわりAdobe Expressで完結させます。

(2) 画像生成

キャンバスサイズを横型動画サイズ(1920*1080px)に設定します。

  • メディアから「テキストから画像生成」→「ワイドスクリーン(16:9)」を選択
  • プロンプトに「ヨーロッパの田舎街、遠くに水車小屋、雨、アニメ」と入力
  • 納得できる画像ができるまで数回生成を繰り返す

2. 水車の羽を回転させる

(1) 画像の複製

生成した画像を選択し、コピー&ペーストを使って真上に同じ画像を配置します。
画像の複製機能を使うと、斜め下にずれてしまいます。

(2) 不透明度調整

背面の画像を選択し、不透明度を一旦30%程度に落とします。これは、最前面のレイヤーと背面のレイヤーを区別しやすくするためです。

(3) 前面の画像をトリミング

最前面の画像を四角にトリミングします。

(4) 羽の回転

羽の画像を選択し、「アニメーション」→「ループ」→「スピン」を選択します。回転を調整するために、「ソフト」>強度を4にします。

(5) 確認

背面の不透明度を100%に戻し、動きを確認します。

3. 雲が流れ、雨が降る演出

(1) 雨の風景

背面の画像を選択し、「消しゴム」機能を使って空を消します。やり方は風車の羽と同じです。

(2) 雲の動画

「メディア」→「動画」で「空」「雲」を検索し、著作権フリー動画を選択します。

  • 好みの雲が流れる動画を選択し、サイズを調整
  • 最背面のレイヤーに移動
  • 色調補正機能を使って曇り空らしく明るさを落とし、ぼかしをかける
  • 動画の速度を調整

(3) 雨の動画

空と同様に雨の動画を探し、最前面に貼り付けます。

  • 画面いっぱいに広げると雨粒が大きすぎるので、全画面の1/4サイズにして四面貼り付け
  • ぼかしをかけ、不透明度を20%に調整

(4) 揺れる草花

手前の草花を揺らす演出です。草花の動画を検索し貼り付け、「背景を削除」機能を使って背景を消します。

  • ぼかしをかけ、不透明度を調整することで元画像に馴染み、風に揺れるように表現

4. まとめ

最後にメッセージやロゴを配置したら完成です。MP4ファイル形式でダウンロードしましょう。

Lo-Fiミュージック動画作成のポイント

  • 生成AIやフリー素材を活用
  • アニメーション機能で動きを出す
  • 色調補正機能で雰囲気を調整

Adobe ExpressであなただけのLo-Fiミュージック動画を作ってみましょう!

参考情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です